2017年5月28日 (日)

フライス盤

こんばんは。

昨日、今日の土日はよく晴れていて、しかも月も小さいというのに、撮影に行きませんでした。
ここ1週間くらいは工作にはまっていいて、この土日は工作三昧でした。

じつは先週、念願のフライス盤を導入したのです。

201705171709s


 寿貿易のFM110Eという機種です。
以前から使っている旋盤と同じメーカーで、ここの製品は信頼性が高くすぐに使えるので、今回もここを選びました。

 こういうのを買うときは、思っているものよりも一ランク上のものを選ぶ方がいいのですが、フライス盤はとても重量が重いので、そこがネックとなりこの機種に落ち着きました。
 これで、50kgあります。旋盤の方も30kg以上あって重かったのですが、これはもう・・・人一人分です。一人でセッティングするには限界ですね。

201705171708s


 旋盤と並べてセッティングしました。

 初の工作は、以前から作成中の赤道儀のウォームギアを作るための道具の部品・・シャフトを加工してみました。

201705251711s


 ロータリーテーブルに三つ爪チャックをセットして、Φ15mmの軟鉄棒を挟んで、すり割りカッターでC-リングを取り付ける溝を掘ってます。
 このすり割りカッターを取り付ける軸は、以前旋盤用に作ったものをコレットチャックで掴んで使っています。

201705251715s


 この状態で台座のロータリーテーブルをゆっくり回すと溝が切れます。
以前は、旋盤で突っ切りという作業で切る必要があったのですが、「突っ切り」は旋盤作業で一番難しい(と思っている)ので、失敗が多いし、工具は壊すし・・・できるだけやりたくなかったんですが、フライス盤使うと楽勝でした♪

201705261717s


201705261718trs


 出来上がったシャフトです。
もちろん、ボルトとC-リングはナフコで買ってきた既製品です。(笑)

 次に台座の方を加工したのですが、このシャフトが入る穴は正確に加工する必要があるので、普通はちょっと小さめに掘った穴にハンドリーマーを入れて仕上げることになります。
 しかし、このハンドリーマー・・・Φ15mmくらいになると5000円~2万弱?くらいととてもお高いんです。1回しか使わないかもしれない工具としては、ちょっと買うのはもったいないので、このリーマーも自作ししました。

 Φ15mmのドリルロッド(SK4)の先端の20mm程度を1/100程度のテーパーにして、並行部25mm程度と合わせてフライス盤で溝を切って歯を付けました。
 返りを砥石で丁寧に削って熱処理して出来上がり。
 201705271722s


 写真は、旋盤でテーパー削りが終わったものをフライス盤にセットし溝切りを始めるところです。
左端は、あらかじめフライス盤で頭を六角ボルト状に削ってありますが、こんな加工も簡単にできて、フライス盤いいなぁ!って感じでした。
 201705281723s


 仕上がったリーマーを加工物に開けたちょっと小さめの穴(Φ14.7mmくらい)にはめます。
201705281724s


 テーパー部の中ほどまで差し込めました。頭の六角はリーマーの溝を切る際の割り出しにも使ったのですが、リーマーを使う(回す)のにも使います。
201705281726s


 こんな感じで、ソケットレンチを使って時計回りに回していきます。
逆回転させると切りかすを巻き込んだりして正確な穴に仕上がらないので、絶対に逆回転してはいけません。
 回した感じは・・・おお、削れてる削れてる、切れてる感触が伝わってきて心地よいです。

201705281727s


 きれいな穴に仕上がりました!
この直径(15mm)より小さいものだったら、リーマー自作できそう♪
これより大きいと、熱処理が難しい(過熱にかなり苦労する)ので無理かなぁ。
201705281745s

 先に作ったシャフトをセットしてみました。ピッタリ♪
やっとここまで来たって感じなんですが、これって赤道儀を作るための部品(ウォームギア)を作るための道具なんですよねぇ‥。

本命が遠い感じがするのはきのせいでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

モールステーパー

 こんばんは。
今回もまた旋盤ネタです。

 小型赤道儀の製作再開したのですが、そろそろ肝心のウォームギアの製作に入りたいところです。
工作方法もだいぶんイメージできてきたのですが、ギア用の円盤を作る際に失敗する可能性が高くて、何度もやり直す必要があるのではないか?と思い始めました。

 1個だけ作るなら、その場限りのヤトイを作ればいいのですが、失敗のたびにヤトイを作るのはさすがに面倒だし、材料もその都度必要になって、あんまりよろしくないのです。
 
 そこで、旋盤の芯押台と主軸用の何度も使えるヤトイを作ることにしました。
旋盤の主軸の穴は「MT3」、芯押台は「MT2」という規格のテーパーのついた穴になっています。モールステーパーと言います。
 この規格のテーパーのついたいろんな道具・・例えばドリルチャックとかコレットチャック、センターなどをこれらの穴に差し込んで使うんですが、ここに使いまわせるヤトイをはめようという魂胆です。

 

20170329


 MT2規格で作るのはこんな感じの鉄の棒です。頭(太いほう)に溝が切ってあるのは、円盤を作るヤトイとしての用途以外に、主軸用のMT3規格のほうは長くて同じ方法で削れないので、その際に偏心センターとして使うことを想定した追加加工です。

201703171562s

 まず、既製品のMT2テーパーのセンター(先の尖った棒)のテーパー部分をなぞって、刃物台(トップスライド)の角度を決めます。

201703171564s
 角度が決まったらφ40mmの鉄棒をセットします。4爪チャックに正確につかんで反対側にセンター穴を空けるところです。

201703171568s


 センター穴をあけたら、3爪チャックにつかみ直し、センターで押して、外周を荒削り。

201703181570s
 どんどん削ります。

 201703191572s


 外周の荒削りがほぼできてきました。

 201703191574s


 先に角度を決めておいたトップスライドを使ってテーパーに削っていきます。

 201703191578s


 ある程度削ったら、チャックごと取り外してテーパーが合っているかどうか確かめます。
ずいぶん前にバイクのエンジンのバルブとかいじってた時に使っていた「光明丹」を使います。

201703191579s


 こんな感じに光明丹を付けて、芯押台のMT2の穴に差し込み、ぐりぐり回して、光明丹の伸び具合を見て、どの辺が当たっていて、どの辺が当たっていないのか見て、トップスライドの角度を微調整して削り、また当たりを見て→トップスライド調整→削って→・・・と繰り返し、全体的に当たるようになるまで削ります。

201703191584s
 なんとなく、まんべんなく当たってきたので、ここでテーパー削りは完了ということにしました。
 後になって、もっと表面をきれいに仕上げればよかったなぁとちょっと後悔しましたが、この程度でも使えそうです。

201703191593s
 MT2テーパー側に穴をあけて、引きネジ用にM8のネジ穴を切ってます。
このやり方の時はもちろん手動で回します。

201703191597s


ネジ切れました。傘状の大きなテーパーも削って、だいぶん形になってきました。

201703201610s


 ヤトイ(ああ、これは・・ヤトイのためのヤトイ・・・)を作って、パラレル部分まで差し込み、先ほど切った引きネジで主軸の中から引きます。

201703201609s


 この状態で反対側を加工していきます。

 201703211612s


 このヤトイの直径は赤道儀のギアをはめるシャフトと同じ直径30mm。同じくシャフトにはめるベアリングがちょうどはまる大きさにします。写真はベアリングをはめて仕上がりを確認しているところ。

 201703211616s


 こちら側の中心には、ギア用の材料を固定するためのM6ネジを切りました。

 201703231620s


 旋盤にエンドミルをつかんでミーリング加工で溝を切りました。そろそろ、旋盤でのミーリングに限界を感じている今日この頃です。(物欲膨張中)

201703231621s


ミーリング完了。
201703241628s


 この道具は、本来のヤトイとして使う以外に、写真のように芯押台にセットして偏心センターとして使い、次のMT3テーパー削りにも使います。
201703241632s


 今回の完成品は、こんな感じです。
道具の名前は・・・「MT2アーバーφ30ヤトイ兼偏心センター」とでもしとこうかなぁ。
(そのまんまだ・・・) 

 この尖った部分で、肩のツボとか押すと気持ちいいかも♪(血が出るか?)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

小型赤道儀を作る(5)

こんばんは。
前回の続きです。
再開しても作業はぼちぼちなんですが、案外早くすすみました。

201703121528s 今回は、ヤトイの中心に穴をあけて、ネジを切ります。M10の予定でしたが、固定用のボルトの頭が小さいほうがよかろうと思って、M8に変更しました。
201703121531trs M8のネジは、タップで切ったのですが、なるべく垂直になるように、最初の数回転は心押台に取り付けたドリルチャックで掴んで切り始めました。
 写真は切り終わったところ。
 前回、ヤトイの外周をちょっと削りすぎたので、加工物を取り付ける前にアルミ箔を貼ってます。
 ちなみに、アルミ箔は説明書きによると10マイクロメートルの厚さだそうです。
201703121534s アルミ箔でだいぶん改善され、ガタがほとんどわからない感じになりました。


201703121535trs ここから、ラジアルベアリングとスラストベアリングをはめる穴に広げていきます。

201703121536s
 削り始めはこんな感じ。中ぐりバイトは、あんまり出すと「ビビる」ので、最小限に出してます。

201703121538trs
 とりあえず、ラジアルベアリングのサイズに近いところまで削り終わったところ。
ここから、現物合わせで少しずつ削ります。

201703121539s
 「お、はまった」という感じになりました。圧入して使うなら、ここで終了なんですが、圧入してしまうと分解が難しくなるので、もうちょっと削ります。

201703121542s
 慎重に慎重に削って、すっぽり収まりました。

201703121546s
 同じように、その上側をスラストベアリング用にちょっと大きく広げます。こちらは多少ガタがあってもいいので、お気楽です。
 ラジアルベアリングもスラストベアリング(レース部)もきっちり収まり、無事にベアリングハウス部分は完了。
 あとは、シャフトが通る穴を30mmちょっとまで広げる必要があるのですが、今度はヤトイから外して直接つかんでやる必要があります。
 その辺は、また後日。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

小型赤道儀を作る(4)

こんにちは。
だいぶん中断していたのですが、赤道儀工作再開しました。

 144歯のウォームギアを作る際の144分割に割り出す方法を考えている間に、いろいろ忙しくなってしまって、本体の工作途中で止まってました。
 144分割の割り出し方法は、ジグを作るのがめんどくさくて、ラチェットレンチで割り出そうかなどと考えていたんですが、2.5度送り(144分割)のラチェットレンチそのものが結構なお値段するのと、それを使うにしても、それなりの工作が必要になりそうだったので、結局、割り出し盤を作ることにしました。(結構現実的な方法になりそう・・・)

 ギアの方はまだまだ図面書いたり加工方法を頭の中でシミュレーションする必要があるので、後日ということで、今回は、本体加工の続きです。
201703111143s
 本体の片方にはベアリングが入る穴を掘ったのですが、逆側にも軸の合った同じ形の穴を掘る必要があります。
 なるべく正確に軸を合わせるために、ヤトイと言われる仮の台座を作ります。

 上の写真はアルミを挟んで面だししたところです。
201703111145s
 削った面にケガキニスを塗って、目的のサイズよりちょっと大きめに円をケガキました。

201703111150s


 だいぶん削って目的の寸法に近くなってきました。
 手に持っているのが赤道儀の本体部分。この穴にピッタリはまるように、さらに軸を削ります。
0.05mmくらいずつ削っていきましたが、ちょっと削りすぎたかも‥‥
201703111152s


 はまりましたが、わずかにガタが出てしまいました。最後は慎重に3/4目盛(0.025mm×3/4)くらい削ったんですが、それでも削りすぎたみたいです(泣)
 はめるときにアルミ箔かなんか噛ませるかなぁ…

201703111154s

 とりあえず、今日はここまで。明日以降、中心にM10のネジ穴を切ってこのヤトイは完成です。
 本体を取り付けて削り終わるまでは、旋盤のチャックにつかんだままになります…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

EOS kiss X5改で撮影

Bara_201702241109m


こんばんは。船長っです。
昨夜、天気がよさそうだったので、帰宅後に近くの山で撮影してきました。
先日から改造していたEOS kiss X5での初撮りになります。

冬の散光星雲をと思って、山に急いだのですが、かなりのブランクのせいか、セッティングに時間を取られてしまいました。

バラを導入して何とか撮影開始したのは、午後10時すぎから。水くみ場になっているんですが、この時間に水くみの人が来て、しばらく水をくんでいたので、その後の撮影はできないまま、バラは西の木にかかってしまって、結局1カットです。

●赤道儀:ロスマンディーG11+GEMINI2
●ガイド:PHD+60mmF4ガイド鏡+QHY5-Ⅱによるオートガイド
●鏡筒:BORG76ED+×0.85レデューサー+LPR-N(FF)フィルター(D=76mm fl=425mm)
●カメラ:EOSKissX5 ローパス改造
●露出:ISO1600×10分(1枚もの)

このくらいの焦点距離だと、バラの周辺への広がりが分かって、いつもと違う感じでした。
赤はさすがによく出ました。スケアリングも、あんまり問題なさそうです。

結局、散光星雲はバラだけ。
あとは、M64とか、M51とか。もう春の空ですね。

M51_201702251123tr


M64_201702241110tr


上2枚は同じ機材で10分露出4枚コンポジットで、トリミングしてます。
それから、マルカリアンチェーン。
M86etc_201702251117m


こちらは、8枚コンポジットです。
425mmだとだいぶん楽に入ります。右からM84、M86、左端はM88くらいまで入りました。構図をもうちょっと考えるとM87も入りそうですね。

BKP200でも撮影はしたのですが、中心はずれたりとかしてるので、M51のトリミングをば・・・。
M51_201702251139tr



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

EOS kiss X5の改造 つづき

こんばんは。

先日、IRカットフィルターの交換をしたEOS kiss X5、今日は星が出ていたので、自宅前でピント位置をチェックしました。

FS-120鏡筒の接眼部にダイヤルゲージを取り付けてあるので、こういう時便利です。

Cmoss2

測定位置は写真の○付近にしました。比較のためにノーマルのEOSでも測定しました。

ドローチューブをいっぱいに縮めた状態からのノーマルのピント位置はそれぞれ、

 A点:2.48mm
 B点:2.50mm
 C点:2.47mm

となりました。
これは、測定誤差を考えるとほとんど揃ってるってことでしょうね。(当たり前か・・)

で、改造X5のほうは、

 A点:3.18mm
 B点:2.94mm
 C点:3.14mm

さすがに、センサーの固定ネジ3本ともを完全に絞めこんだだけなので、揃ってませんが、それでも最大0.24mmくらいです。固定ネジ半回転くらいかなぁ。

それよりも、X4の時もそうだったことを思い出したんですが、代替えのフィルターを入れているにも関わらず、0.5mm以上もピント位置が後方にずれてます。
センサーはカメラ背面からネジでいっぱいまで絞めこんでいるので、これ以上前方(対物レンズ側)に調整できないんですよねぇ…。

望遠系のカメラレンズならほとんど問題ないと思うんですが、経験上、広角系は周辺像に大きく影響すると思うので、なるべくノーマルの位置に近づけたかったのですが、仕方ないですね。
カメラレンズ使うとき、ほかの人たちはどうしてるんでしょうか?

今度、この測定値をもとに、再度分解して、センサー位置を調整したいと思っています。
・・・週末にまにあうかなぁ・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

EOS kiss X5の改造

こんばんは。
いろいろな事情でちょっと停滞していたのですが、久しぶりに新しいネタです。

船長っは、星の写真には2台のEOSkissを使っています。
1台はX4のIRカットフィルター改造機で、だいぶん前に自分で改造しました。
もう一台はX5を使っているのですが、こちらは一般写真と兼用なので、無改造で使っています。
X4を改造するときに交換するフィルターを、ほうき星さんに頼んで購入したのですが、2枚買ってました。
X4とX5はCMOS部分は同じもののようで、そのまま使えます。
今回は、一般写真用のEOSを新たに購入することにしたので、X5も改造しちゃおうという魂胆です。

201701150953s


これが今回犠牲・・・いや改造の対象となるEOSkissX5です。
一般写真との兼用として使ってきましたが、実はバリアブルモニターということで冷却改造がしやすいんじゃないか?という期待もあって買ったものなんです。

分解方法は「LifePixel」というサイトに解説があるのでそれを参考にしてます。
基本的にはX4とあまり変わらないので、今回は手際よく分解できました。
201701150968s


こんな感じです。CMOSユニットはすでに取り外した状態です。
左側にサランラップがクシャクシャとついているのは、ボディ表面から剥いだラバーの糊を保護してます。(また貼るので)

201701150958s


分解するときには、ネジがどこのネジかわからなくならないように上のような略図を作って、取り外したネジをテープに貼って保管します。

一番難しいのは既存のIRカットフィルターの取り外しです。
CMOSの前面に接着剤のようなもので張り付けてあるので、一通りカッターを入れてから外すんですが、それでも裏面の4辺についている糊は切ることができません。
前回は、力ずくで剥そうとした結果、フィルターを割ってしまい、多数の小さな破片がCMOS上に落ちてしまって大変だったことを思い出しました。

今回は手持ちで一番細いビニール被覆電線を解いて台座とフィルターの間に食い込ませて切ることにしました。
あらかじめドライヤーで温めてフルターの角をマイナスの精密ドライバーでほんの少し持ち上げてから、解いた電線を隙間に入れてやると・・・

201701150973s

こんな感じで入っていき、きれいに(?)とることができました。
このやり方は、スマホの液晶・タッチパネル交換の方法で習得(?)した技です。

201701150975s


そして、何年も寝かせていたHαを通すフィルターに交換。
熟成の度合いによってHαの透過具合が変化します(嘘)

201701150977s


こんな感じになりました。

これから、ピント位置の調整とスケアリング(光軸との直行度?)を調整する必要があります。あ、ほこりの確認もまだか…。
まだまだめんどくさそうです。そのあたりの調整が終わったら、冷却改造を進めていこうかなぁと思っています。
まぁ、使えるカメラがある状態なので、ぼちぼちやろうかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

2017soutakyokosayam


あけましておめでとうございます。
今年は珍しく、家族で初日を拝んで、近所の神社に初詣に行ってきました。
初日は、ちょっと雲がかかっていたのですが、その上から見事なご来光でした。

昨年は長男のゴタゴタで奔走させられる(?)感じで、自身も年末に手術やら実家のゴタゴタなど、いろいろと問題が多く忙しかったので、今年は元日から今年一年の家内安全を祈ってまいりました。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

一足早く仕事収め

こんにちは。
12月も半ばを過ぎて、今年もあと少しですね。

船長っは一足早く、今日の仕事が終わったら、今年の仕事収めです。
来週から耳下腺腫瘍の切除のため1週間ほど入院の予定です。
退院予定時期がもう、限りなく通常の仕事収めになる28日に近いものですから、
いっそのことということで、年始までお休みさせてもらうことにしました。
ちなみに、今日は休日出勤の昼休み中です。

新月期の月末頃は、術後の経過次第で、今年最後の撮影に行ってみたいと思っているのですが、家庭の事情もいろいろあって、いけるかどうかちょっと怪しいところです。

また落ち着いたら写真を撮ってアップしていこうと思っています。
今年このブログを訪ねていただいて、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

今月は近場で・・

こんにちは。
昨夜は天気が良かったので、本来なら諸塚遠征!と行きたいところでしたが、週明けにいろいろと予定が目白押しなので、近場の市民の森で撮影してきました。

久しぶりにY-daも参戦だったのですが、ブランクが効いてましたね>Y-da

GPVの予報で分かってはいたのですが、雲が多かったです。
8枚から16枚くらいのコンポジットしたかったのですが、雲のおかげで取れなかったりガイドミスになったりと、予定通りにはいかず、モンキーは10分×7枚、M45に至っては、4枚しか使えませんでした。

それでも、近場でこの天気(雲)でこれくらい取れれば、まぁいいかなぁ?って感じでした。
Ngc2174_20161030tk1s


M45_20161029s

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«諸塚村遠征だ!