« 夜を待つ | トップページ | ピンぼけな話 »

2012年8月19日 (日)

M33

M33_20120818trs
こんにちは。
遠征した高千穂では、天気に悩まされましたが、数時間晴れ間が出て何とか直焦での撮影が出来ました。

雷が鳴ったりして、機材を出して準備が出来なかったので、夜の1時頃に晴れ間が広がり始めたので、あわててセッティングを始め、2時頃からの撮影開始となりました。

また、気温の低下が思ったよりも大きく、明け方までに5度ぐらいは下がり、望遠鏡をしまっている箱の中との気温差は10度を越えていたようで、結果的には、ピンぼけになってしまいました。
画像処理の段階でちょっとごまかしてます。

今回はX4改を外部冷却してノイズの低減を図ってみました。ノイズについては、それなりの効果があったのですが、このM33は時間の関係で2枚しか撮れて無く、最低でも5~6枚は欲しいなぁと思っていたので、ちょっと中途半端に終わってしまいました。
ISO1600の10分露出なんですが、5~6枚撮るとなると最低でも1時間はかかりますから、今回のようなバタバタ撮影では枚数が稼げません。(このM33の前にも他の天体を撮影したので・・・)
また9月の連休にでも遠征するかなぁ・・・・。

|

« 夜を待つ | トップページ | ピンぼけな話 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

>結果的には、ピンぼけ

私にはまったくわかりませんね。
30年以上前に天文少年だった頃は
こんな星雲を撮れるなんて夢の世界の話でした。
固定撮影で星野を撮るのが精一杯でした。
オリオン座を10分露出とかでもカメラが動いて失敗してました。
一回だけ流星が撮れたときは大喜びでした。

投稿: おーくま | 2012年8月19日 (日) 11時34分

おーくまさん、コメントありがとうございます。
ピントの件は、画像処理をしてサイズを縮小すると目立ちませんが、少し星が肥大化しているんですよ。
使っている望遠鏡のレンズが、温度変化に敏感なため、気温(レンズの温度)が変わると焦点の位置がずれてしまいます。夏と冬では1mm以上ずれるんですよ。
当夜も気温がぐんぐん下がっていたので、最初に合わせていたピント位置は、撮影の後半にはいるとかなり狂っていたようです。
後ほど様子が分かるような写真をUPしますね。

投稿: 船長っ | 2012年8月19日 (日) 12時55分

お見事ですね。
つくづく羨ましいです。

投稿: ten. | 2012年8月20日 (月) 21時42分

ありがとうございます>ten.さん

投稿: 船長っ | 2012年8月20日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/55457476

この記事へのトラックバック一覧です: M33:

« 夜を待つ | トップページ | ピンぼけな話 »