« 中秋の名月 | トップページ | 今朝の月 »

2012年10月 6日 (土)

「PHD Guiding」の調整(難航中)

2012_10_05_1406tr
おはようございます。
夜な夜な「PHD Guiding」の練習と調整をやっています。
写真はFS-102+ケンコーテレプラス×1.4で約1150mmの直焦点です。
ガイドはロスマンディG11+BORG76ED+×2.5バーローにToUcamでやっています。
カメラはEOSkissX4改造でISO400×12分露出になります。
上下方向が南北(Dec)、左右が東西(RA)となっていて、RA方向はまずまずなんですが、どうしてもDec方向がずれます。
PHDでグラフ表示しながら状態をチェックしたんですが、
   ・Osc-indexが0.33
   ・RMSが0.67
位の数値になっていました。
「Osc-index」はRA方向のガイド状態を示していて、「0.3」がベストとなっているらしいので、数値上もこのぐらい出れば良いのかなぁと思うのですが、(「0.5」がベストみたいです)、「RMS」については、ガイド(星)の集中度を示す偏差値のようで、目安としては「0.5」以内なんだそうです。
RA方向の状態が悪くはないので、(「0.33」だと、修正不足のようで、もうちょっと積極的に修正するように設定した方が良さそうです)、あとはDec方向の調整をどこまで出来るかと言うところですかねぇ。

まだまだ悩みそうですが、以前使っていたAstroSnapよりはシンプルで、調整する箇所も分かりやすくて、PHDの方が使いやすい感じがします。
この連休も、晴れ間があればテストしたい所なんですが、いまはドン曇りです・・・・。

|

« 中秋の名月 | トップページ | 今朝の月 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/55823710

この記事へのトラックバック一覧です: 「PHD Guiding」の調整(難航中):

« 中秋の名月 | トップページ | 今朝の月 »