« HDD修復断念 | トップページ | 撮影再開! »

2012年11月10日 (土)

カメラ外部冷却

20121109_220334tr
こんばんは。
今日はカメラ冷却装置をカメラに固定するネジを作ってみました。
材質は真鍮です。
以前にも作っていたのですが、ドライバーで締め込むようにしていたため、暗がりでネジを取り付けるのに苦労してしまい、手で締め込むタイプに変更したものです。

肝心のカメラ冷却装置本体は下の写真です。
実はこれが2作目で小型化を図りました。
ペルチェを3枚使って冷却しています。放熱側に古いCPUクーラーを使っているのですが、これが結構重いんです。
ガイドエラーの原因になると思っているのですが、冷却の効果を考えると、止められません!

20121028_010004s
「本当に小さくなったのか?」と思われるかもしれませんが・・・。
一応、2割ほどは小さくなったかと・・・。(当社比?)
外部冷却方式でカメラを囲ってしまう構造なので、どうしてもこんな形になってしまいます。
ペルチェへの通電を減らして、ヒートシンク回りを小さくしても良いのかなぁとは思うのですが、それはまた気の向いたときに工作してみたいと思います。
前作に赤枠で今回のものの大きさを、大まかですが、入れてみました。
だいぶんましになった・・・・と思いたい。
Sinkyu_hikaku

|

« HDD修復断念 | トップページ | 撮影再開! »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

どもどもです。
こうしてみると、新旧の大きさの違いがわかりますねー。だいぶんコンパクトになってるなーと思います。
タカハシの接眼部は頑強というイメージがありますが・・・実際そうなんでしょうけど、それでも取り付け対象が大きいと、ガイドエラーの要因になるんでしょうね。多分ホタロンとかカプリでは付けただけでアウト!になると思います。
コンパクト化を図った後の効果を見るのが待ち遠しいですね。
(こちらもアトラの実戦投入が待ち遠しいです・・・が、今週末も怪しそう)。

投稿: Y-da | 2012年11月12日 (月) 21時56分

おはようございます。
今週末も天気悪そうですねぇ。
X4のフィルターも交換したので、撮影してみたいんですが・・。
天気予報が変わるのを期待しましょうかね。

投稿: 船長っ | 2012年11月13日 (火) 07時41分

「水素増感」なんですか?

私が天文少年だった頃には冷却装置なんてなかったですよ。
むしろレンズの曇りを防ぐために白金カイロであっためたりしてました。

自作機材なんですね。すごいです。

投稿: おーくま | 2012年11月16日 (金) 14時00分

こんばんは。>おーくまさん
「水素増感」懐かしいですねぇ。やったことはありませんが、コダックのフィルムを使ってやってみたいといつも思っていました。
冷却にについては、CCDやCMOSで長時間露出する際に熱によって発生するノイズを軽減するためにやってます。
ずいぶん効果はあるんですが、見てのとおり、外部冷却だと嵩張るので面倒です。
おまけに電気も食うし・・・。
夜露対策は、自分もカイロを使ってますが、炭の火が良く消えるので、「おかしいなぁ?」と思った頃には真っ白だったりします。

投稿: 船長っ | 2012年11月16日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/56079005

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ外部冷却:

« HDD修復断念 | トップページ | 撮影再開! »