« 小型赤道儀を作る(1) | トップページ | M87 »

2015年4月19日 (日)

小型赤道儀を作る(2)

こんにちは。
小型赤道儀の工作、片面のベアリングを収める部分が削りあがりました。
出来上がりはこんな感じ。(片面だけですけど・・・)
D7020150418477


最初にあけた14mmの穴から、中ぐりバイトという刃物を使って広げてきます。
D7020150418448


D7020150418459
現物合わせしながら慎重に開けていきます。上の写真はスラストベアリングの部品を当ててみたところです。この部分は少しスカスカに削ってもいいのですが、その奥にはめ込むラジアルベアリングの穴掘りの練習ということで、一度ぴったりに仕上げてみました。
D7020150418463


下の段のラジアルベアリングの部分も現物合わせ。

D7020150418483
ベアリングを組んでみました。
このベアリングの穴を掘り終わって旋盤から取り外す前に穴の出口の「面」を削ります。
この穴と面を基準にして反対側を削ることになるので、ここの仕上げは重要なんです。
次は、14mの小さい穴を反対側からちょっと広げて掘った後に、「ヤトイ」を削ってはめ込んで反対面を削る予定です。

・・・その前に、「ヤトイ」に使う材料を切り出さねば・・・・材料の切出しが一番おっくうだなぁ・・・。





|

« 小型赤道儀を作る(1) | トップページ | M87 »

旋盤工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/61463081

この記事へのトラックバック一覧です: 小型赤道儀を作る(2):

« 小型赤道儀を作る(1) | トップページ | M87 »