« 子供部屋の壁・・その後 | トップページ | 小型赤道儀を作る(1) »

2015年4月11日 (土)

工作!

D7020150407320


こんにちは。
今日は、月が出るのは夜中1時前頃だったと思うので、ちょっと撮影に出ようかなぁと思っていたのですが、現在、うす曇。
ちょっと残念でした。

写真は次の工作の部品。ベアリングです。ラジアルベアリングとスラストベアリングです。
ポータブル赤道儀を作ろうかと思って、今日から加工に入ります。前から作ってみようと、構想だけはあったんですが、なかなか重い腰が上がらず・・・(笑)
このベアリングが赤経軸のシャフトを支えます。内径は30mmです。

D7020150407322

ベアリングを収めるボディーは上の写真のアルミブロックから削りだします。約60mm角のブロックですが、切り出して面を出してやる必要があります。
これを切るのがおっくうで、何となくはじめることができなかったんですが、意を決して切りました!
「切るぐらい」と思われる方もおられるでしょう。
でも、これだけは断言できます!
「電動工具無しでこれを切るのが一番大変!」・・・なんです。

で、最初から金鋸でやるのは体力的自信がなかったので、途中までディスクサンダーで切って、砥石が届かなくなったところから金鋸で切りました。
最後の30mm角ぐらいを金鋸でせっせと切ったのですが、これだけでも30分くらいかかりました・・。(汗・・ダクダク)
切り出した材料は下の写真のとおり。

D7020150411325


今回の切断面に加えて、横の2面も切りっぱなしの凸凹なので、まずは面出しからはじめます。
・・ああ、やっと旋盤加工に移れる・・・。

4月12日追記です。
切り出したブロックの面出しをやりました。
D7020150411416


こんな感じに旋盤にセットして削っていきます。
出来上がりは下の写真♪
D7020150412425


もともとの切断面の凹凸が思ったよりも大きかったので、短い方の2辺は予定していたサイズよりそれぞれ0.4mmと0.8mm短くなってしまいましたが、特に問題ありません。設計図を修正するだけ。
長い1辺(軸方向)は自分で切断するときにちょっと長めに切ったので、逆に数ミリ長くなりました。
旋盤での面削りなので、実際は中央部が若干凹んでいるんですが(旋盤の規格・構造上そうなるそうです)、これも特に問題なし。
今日はここまで。続きは明日以降ぼちぼち頑張ろうかな。

|

« 子供部屋の壁・・その後 | トップページ | 小型赤道儀を作る(1) »

旋盤工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/61423412

この記事へのトラックバック一覧です: 工作!:

« 子供部屋の壁・・その後 | トップページ | 小型赤道儀を作る(1) »