« 諸塚遠征の写真(3) | トップページ | 先日のM45・・・ »

2016年1月17日 (日)

EOS Kiss X4の外部電源化

Dsc_0107trs


こんにちは。
最近、連続してとてもたくさんのカットを撮る事が多くなったのと、先日の遠征では気温が低いためにバッテリーの消耗が激しくて、バッテリーの交換作業がめんどくさかったので、外部電源化することにしました。
 写真はキャノンのDR-E8というAC電源キットの部品です。単体で注文できるので、先日の遠征直後に注文してたやつが本日届きました♪

 以前、D70を外部電源化したことがあったのですが、しばらくしてX4に乗り換えたので、あんまり使ってませんでした。今回は、そのとき作った電源と組み合わせるだけなので、カプラー部分だけの工作です。
 意図せず(?)破壊してしまうことを想定して、2個買いました。ノーマルでは外径φ3mm位のDCプラグで給電するようになっているのですが、部品がないので本体を分解することにしました。

Dsc_0108trs


 分解(鋸で切った)したらこんな感じになってました。やっぱりというか当然というか中身が詰まってました(笑)
 おそらく、ノイズフィルターの役割をする回路になっていると思いますが、電解コンデンサーを思いっきり傷つけてしまいました。
 ACアダプターを使って給電するわけではないので、この2個のコンデンサーは取り外して、気休めにちょっと小さめのコンデンサー(不要かも)を入れて、配線して出来上がり。
Dsc_0109trs
 電圧は鉛蓄電池からの給電をDC-DCコンバーターで8.2V程度に調整してつないでます。
 コードの接続は車用のギボシと汎用カプラーで繋ぐようにしてます。これは、以前D70用に作った外部電源を流用するので、そのとき決めた仕様にあわせてます。
 バッテリーの電圧は「7.2V」と書いてあるのですが、D70の時には7.2Vに調整するといきなり「バッテリー交換」サインが出たり、レリーズが不安定だったりしたので、今回も満充電時(8.4vくらい)よりもちょっと低めの電圧に調整してます。
(因みにD70のときも8.2Vくらいにしてました)

 実際にX4に取り付けて動かしてみましたが、特に問題なさそうだったので、早速次回からバリバリ使ってやろうかと思ってます!

|

« 諸塚遠征の写真(3) | トップページ | 先日のM45・・・ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

DR-E8、こんなに中味が詰まってるんですね。
こちらもEOS600Dのローパス交換に備えて、DR-E8を調達しました。X2の外部電源化で社外品のACアダプターからケーブルとダミー電池を部品取りしたので、DR-E8にはそのままプラグで接続できます。
あとはローパス交換だけなんですが・・・なかなか着手できずにいます。。

投稿: ほうき星 | 2016年1月19日 (火) 12時08分

こんばんは>ほうき星さん
600Dの外部電源化はすぐにできそうですね。
ローパス改造がちょっと神経使いますが、がんばってください!
このDR-E8用のDCプラグ、単体で売ってないんですかねぇ・・・。あると便利なんですが。

投稿: 船長っ | 2016年1月19日 (火) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/63080418

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Kiss X4の外部電源化:

« 諸塚遠征の写真(3) | トップページ | 先日のM45・・・ »