« かまくら | トップページ | 台湾 »

2016年1月28日 (木)

小型赤道儀を作る(3)

20160128waridasidaiza


こんばんは。
上の画像、なんのこっちゃ?って感じですが・・。
作りかけてストップしていた小型赤道儀、ウォームホイールの割り出し方法でつまずいてました。

 一応、144歯にしたいので、それで設計を進めていて、これを加工するためのボブと呼ばれる工具は作ったのですが、これでウォームホイールを切るには、本来ならボブの回転にあわせてホイールを正確に回転させてやる必要があります。

 そのような装置は考えただけでも複雑そうで、とても作れそうにありません。なので、ホイールは自由に回転させながら切る事になるのですが、自由に回転させると歯の数が1歯少なかったりするそうです。

 愛読している「ミニ旋盤を使いこなす本」によると、あらかじめホイールに歯数にあわせて浅い切込みを入れておくと上手くいくらしいので、ホイールの外周に144箇所の切込みを入れたいのです。
 問題は、この144箇所の割出をどうやって行うか?だったんです。

 作ろうとしているウォーム・ギアのモジュールは約0.398です。なんでそんな半端なのかというと、ピッチを1.25mmに固定したからです。モジュール数をきりの良い数字にするには円周率で割れるピッチにする必要があるのですが、そんなピッチでボブが作れないので、ピッチのほうをきりの良い数字にしたという訳です。
 こんな小さなモジュールの144枚歯の歯車が手に入れば、それをトレースする形で割り出しできるのですが、結構探しても手に入りそうにありませんでした。
 モジュールの大きな歯車はものも大きくて、旋盤上で加工物と一緒に乗せるのはちょっと無理があるので。
 「どうやって割り出ししようか?」と悩んでいたんですが、最近、良いものを発見しました!

ラチェットレンチです。
送り角が2.5度(144分割)のものがあるみたいで、これを利用すれば比較的正確に割り出しできそうです。物も小さいし、何とかなりそうな感じ。

 それで画きはじめた図面が上の画像です。
薄い線で描かれているほうが台座。濃い線は加工するホイールと、軸です。
まだまだ描きはじめですが、加工方法をシミュレーションしながら作図を進めていこうかと思っています。

|

« かまくら | トップページ | 台湾 »

旋盤工作」カテゴリの記事

コメント

お疲れです。
最近話題にのぼってこなかったので、ミッションは中止になったのかと思ってましたが、しっかり続いていて何よりでした。
正直その手の知識が乏しい自分には??だったですが、思惑通りの結果が出ることを願ってます。
こちらもちょっと船長っに作ってもらいたいなーと思うものがありますんで、そのうち相談させてくださいな。ではでは。

投稿: Y-da | 2016年1月30日 (土) 17時52分

おお!144のウォームギヤ!!!

出来上がったら詳細を見せてくださいね。
問題は....ウォームネジの保持でしょうか。

もし試作で余ったら....(謎w

投稿: ten. | 2016年1月30日 (土) 22時27分

ほかにも止まってるのがあるんですけどね>Y-da
作ってほしいものって、なんですかね?
メールください。

投稿: 船長っ | 2016年1月31日 (日) 07時59分

おはようございます>ten.さん
ウォームギアは、歯数の少ない小さなものは2種類試作したんですが、狙った歯数にはなっていません。

ヨダレたらしてます?

投稿: 船長っ | 2016年1月31日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/63134743

この記事へのトラックバック一覧です: 小型赤道儀を作る(3):

« かまくら | トップページ | 台湾 »