« あけましておめでとうございます | トップページ | EOS kiss X5の改造 つづき »

2017年1月15日 (日)

EOS kiss X5の改造

こんばんは。
いろいろな事情でちょっと停滞していたのですが、久しぶりに新しいネタです。

船長っは、星の写真には2台のEOSkissを使っています。
1台はX4のIRカットフィルター改造機で、だいぶん前に自分で改造しました。
もう一台はX5を使っているのですが、こちらは一般写真と兼用なので、無改造で使っています。
X4を改造するときに交換するフィルターを、ほうき星さんに頼んで購入したのですが、2枚買ってました。
X4とX5はCMOS部分は同じもののようで、そのまま使えます。
今回は、一般写真用のEOSを新たに購入することにしたので、X5も改造しちゃおうという魂胆です。

201701150953s


これが今回犠牲・・・いや改造の対象となるEOSkissX5です。
一般写真との兼用として使ってきましたが、実はバリアブルモニターということで冷却改造がしやすいんじゃないか?という期待もあって買ったものなんです。

分解方法は「LifePixel」というサイトに解説があるのでそれを参考にしてます。
基本的にはX4とあまり変わらないので、今回は手際よく分解できました。
201701150968s


こんな感じです。CMOSユニットはすでに取り外した状態です。
左側にサランラップがクシャクシャとついているのは、ボディ表面から剥いだラバーの糊を保護してます。(また貼るので)

201701150958s


分解するときには、ネジがどこのネジかわからなくならないように上のような略図を作って、取り外したネジをテープに貼って保管します。

一番難しいのは既存のIRカットフィルターの取り外しです。
CMOSの前面に接着剤のようなもので張り付けてあるので、一通りカッターを入れてから外すんですが、それでも裏面の4辺についている糊は切ることができません。
前回は、力ずくで剥そうとした結果、フィルターを割ってしまい、多数の小さな破片がCMOS上に落ちてしまって大変だったことを思い出しました。

今回は手持ちで一番細いビニール被覆電線を解いて台座とフィルターの間に食い込ませて切ることにしました。
あらかじめドライヤーで温めてフルターの角をマイナスの精密ドライバーでほんの少し持ち上げてから、解いた電線を隙間に入れてやると・・・

201701150973s

こんな感じで入っていき、きれいに(?)とることができました。
このやり方は、スマホの液晶・タッチパネル交換の方法で習得(?)した技です。

201701150975s


そして、何年も寝かせていたHαを通すフィルターに交換。
熟成の度合いによってHαの透過具合が変化します(嘘)

201701150977s


こんな感じになりました。

これから、ピント位置の調整とスケアリング(光軸との直行度?)を調整する必要があります。あ、ほこりの確認もまだか…。
まだまだめんどくさそうです。そのあたりの調整が終わったら、冷却改造を進めていこうかなぁと思っています。
まぁ、使えるカメラがある状態なので、ぼちぼちやろうかと思っています。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | EOS kiss X5の改造 つづき »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

おお、これでX-5なか〜まですね。
当方の600D、冷却改造用に切り出したアルミ板を紛失してしまい、改造頓挫しています。なんとかしたいのですが、その前にケーナの自作にはまってしまい、なかなか進みません。

投稿: ほうき星 | 2017年1月18日 (水) 01時13分

こんばんは>ほうき星さん

あの紛失から止まってるんですね‥。先行情報があるかと思って、ちょっと期待してました(笑)

ケーナって、調べてみたら尺八の南米地域版?ですかね?
こういうの作るのも楽しそうです。

投稿: 船長っ | 2017年1月18日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/64767706

この記事へのトラックバック一覧です: EOS kiss X5の改造:

« あけましておめでとうございます | トップページ | EOS kiss X5の改造 つづき »