« EOS kiss X5の改造 | トップページ | EOS kiss X5改で撮影 »

2017年1月24日 (火)

EOS kiss X5の改造 つづき

こんばんは。

先日、IRカットフィルターの交換をしたEOS kiss X5、今日は星が出ていたので、自宅前でピント位置をチェックしました。

FS-120鏡筒の接眼部にダイヤルゲージを取り付けてあるので、こういう時便利です。

Cmoss2

測定位置は写真の○付近にしました。比較のためにノーマルのEOSでも測定しました。

ドローチューブをいっぱいに縮めた状態からのノーマルのピント位置はそれぞれ、

 A点:2.48mm
 B点:2.50mm
 C点:2.47mm

となりました。
これは、測定誤差を考えるとほとんど揃ってるってことでしょうね。(当たり前か・・)

で、改造X5のほうは、

 A点:3.18mm
 B点:2.94mm
 C点:3.14mm

さすがに、センサーの固定ネジ3本ともを完全に絞めこんだだけなので、揃ってませんが、それでも最大0.24mmくらいです。固定ネジ半回転くらいかなぁ。

それよりも、X4の時もそうだったことを思い出したんですが、代替えのフィルターを入れているにも関わらず、0.5mm以上もピント位置が後方にずれてます。
センサーはカメラ背面からネジでいっぱいまで絞めこんでいるので、これ以上前方(対物レンズ側)に調整できないんですよねぇ…。

望遠系のカメラレンズならほとんど問題ないと思うんですが、経験上、広角系は周辺像に大きく影響すると思うので、なるべくノーマルの位置に近づけたかったのですが、仕方ないですね。
カメラレンズ使うとき、ほかの人たちはどうしてるんでしょうか?

今度、この測定値をもとに、再度分解して、センサー位置を調整したいと思っています。
・・・週末にまにあうかなぁ・・。

|

« EOS kiss X5の改造 | トップページ | EOS kiss X5改で撮影 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

自己レスですが・・、以前のX4の時と同じ勘違いをしてるみたい・・。
ノーマルとのピント位置との差分だけCMOSセンサーを後ろに引けばいいんだ!

>センサーはカメラ背面からネジでいっぱいまで絞めこんでいるので、これ以上前方(対物レンズ側)に調整できないんですよねぇ…。

投稿: 船長っ | 2017年1月25日 (水) 12時44分

スケアリングに関しては、分解時にそれぞれの固定ネジを何回転まわすと底にあたるか記録しておき、組み立て時にはいったん締め込んでから記録通りに緩めるようにすれば問題ありませんでした。もっとも、この方法ではフランジバックの修正まではできないので、私のもずれたままだと思います。

投稿: ほうき星 | 2017年1月27日 (金) 18時47分

こんばんは>ほうき星さん

>分解時にそれぞれの固定ネジを何回転まわすと底にあたるか記録しておき

これもX4の時にありましたねぇ・・・。完全に忘れてて、「ああ、そういえば!」の連続でした…。
とりあえず、測定→分解・調整を3回ほどやって、何とか使えそうな状態になりました。
今夜の出撃は、曇ってるし、明け方雨になってしまいそうなので見合わせ中です。
冷却も構想練ってるんですが、もうちょっと工夫しないとダメみたいで、しばらくかかるかもしれません。

投稿: 船長っ | 2017年1月28日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/64805403

この記事へのトラックバック一覧です: EOS kiss X5の改造 つづき:

« EOS kiss X5の改造 | トップページ | EOS kiss X5改で撮影 »