« 小型赤道儀を作る(4) | トップページ | モールステーパー »

2017年3月14日 (火)

小型赤道儀を作る(5)

こんばんは。
前回の続きです。
再開しても作業はぼちぼちなんですが、案外早くすすみました。

201703121528s 今回は、ヤトイの中心に穴をあけて、ネジを切ります。M10の予定でしたが、固定用のボルトの頭が小さいほうがよかろうと思って、M8に変更しました。
201703121531trs M8のネジは、タップで切ったのですが、なるべく垂直になるように、最初の数回転は心押台に取り付けたドリルチャックで掴んで切り始めました。
 写真は切り終わったところ。
 前回、ヤトイの外周をちょっと削りすぎたので、加工物を取り付ける前にアルミ箔を貼ってます。
 ちなみに、アルミ箔は説明書きによると10マイクロメートルの厚さだそうです。
201703121534s アルミ箔でだいぶん改善され、ガタがほとんどわからない感じになりました。


201703121535trs ここから、ラジアルベアリングとスラストベアリングをはめる穴に広げていきます。

201703121536s
 削り始めはこんな感じ。中ぐりバイトは、あんまり出すと「ビビる」ので、最小限に出してます。

201703121538trs
 とりあえず、ラジアルベアリングのサイズに近いところまで削り終わったところ。
ここから、現物合わせで少しずつ削ります。

201703121539s
 「お、はまった」という感じになりました。圧入して使うなら、ここで終了なんですが、圧入してしまうと分解が難しくなるので、もうちょっと削ります。

201703121542s
 慎重に慎重に削って、すっぽり収まりました。

201703121546s
 同じように、その上側をスラストベアリング用にちょっと大きく広げます。こちらは多少ガタがあってもいいので、お気楽です。
 ラジアルベアリングもスラストベアリング(レース部)もきっちり収まり、無事にベアリングハウス部分は完了。
 あとは、シャフトが通る穴を30mmちょっとまで広げる必要があるのですが、今度はヤトイから外して直接つかんでやる必要があります。
 その辺は、また後日。





|

« 小型赤道儀を作る(4) | トップページ | モールステーパー »

旋盤工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/65015621

この記事へのトラックバック一覧です: 小型赤道儀を作る(5):

« 小型赤道儀を作る(4) | トップページ | モールステーパー »