« M5球状星団 | トップページ | 小型赤道儀を作る(6) »

2017年6月15日 (木)

割り出し盤(144分割)完成!

201706141926trs


 こんにちは。
小型赤道儀の部品(ウォームギア)を作るための道具「割り出し盤」が完成しました。
一時はラチェットを利用しようかとか、もっと楽な方法はないかと考えていたのですが、結局は、これを作ることになってしまいました。

 構造は、台座の上の円盤の下面にφ1.5mmの浅い穴が72個(5度ピッチ)で空いていて、その穴が台座に取り付けてある小さな鉄球(下の写真)の上で止まることで割り出しを行います。
201706141936s


 この小さな鉄球の位置がみそで、軸の中心から57.5°離れて2か所についてます。最初の鉄球に円盤の穴がはまったときは、もう一方の鉄球はちょうど穴と穴の間にあります。
円盤を回転させると、穴にはまってなかった鉄球の方が穴にはまることで、72×2=144分割ができる仕組みです。

 201706091883s


 円盤の小穴は上の写真のようになっていて、びっしりです。φ1.5㎜でもこんな感じで、直接144分割にはできませんでした。
 穴あけの状況は次の写真のような感じ。結構根気が・・・。
201706091877s


 側面の大きめの穴は、この円盤を回すときにピンをはめて指がかかるようにするために開けてますが、この割り出し装置で最初の「割り出し」でした。
201706141924s


 こんな感じで、側面にφ3.1mmの穴を15°ピッチで24か所開けてます。


 本体の鉄球は直径3mmなんですが、最初にφ2.8mmの貫通穴をあけて、途中までφ3.1mmに広げて、最後に手製のリーマーで直径の変わる部分をテーパーに削り、鉄球の頭が0.3mmくらい出るように調整しました。
 あとは穴に入れたピンを、ヘアピンから削りだした板バネで背面から止めてます。
201706141921s


 下から、3㎜の鉄球、φ3㎜のシャフト、ヘアピン削りだし板バネ、止めネジ(M2)。
201706141930s


 背面からこんな感じで止めてます。

 あとは、ウォームギアの案内溝を切るためのカッターを作れば、いよいよウォームギアが作れそうです♪


|

« M5球状星団 | トップページ | 小型赤道儀を作る(6) »

旋盤工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586882/65415403

この記事へのトラックバック一覧です: 割り出し盤(144分割)完成!:

« M5球状星団 | トップページ | 小型赤道儀を作る(6) »